【戦争は会議室で起きている】アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

良い作品だと思う。

少女の一人の命を犠牲に、無差別テロを止めるのか?→コラテラルダメージ

無差別テロを見逃して、多くの犠牲者を出す→世論を味方につけるのか

究極の選択を迫られる

ただし、実際には、どちらを選んだとしても、戦いは終わらない。

犠牲になった全ての人には家族、仲間がいて、憎悪で反乱分子になる可能性がある。

テロリストはもともと反乱分子だけど、一、民間人の犠牲者の家族・仲間が反乱分子になることだって。

スポンサーリンク

あく

投稿者: あく

好きなもの ・波乗り・読書・クレジットカード・マイル・ブログ・暗号通貨(XRP)