【ゴルゴ最大のピンチ!?】キャノピーからの使者

ゴルゴ最大の危機といえば…

病原体・レベル4

エボラ出血熱に感染してしまう回かな

他にも…

これも危なかったが、エボラ程ではないか…

今回、見つけたゴルゴ最大のピンチは、エボラに匹敵する、もしくは、それ以上のピンチなのではないか?

キャノピーからの使者

ターゲットの娘から、複数のヤドクガエルの毒で復讐される話

呪術師のお陰で、解毒できたが、治療の依頼も出来ずに死んでてもおかしくない状況だった。

病原体・レベル4や1万キロの狙撃と違って、ゴルゴは完全に油断していた!!

コレに関しては、ゴルゴが悪いww

ネタバレになるけど…

ターゲットの娘と、ホテルの廊下ですれ違ったとき、違和感に気付けていたハズなんだ!!!

本来のゴルゴなら!!!

だって、明らかに怪しいもん、その娘www

しかし、ゴルゴは油断しきっている。

スポンサーリンク

【読了】ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス

漫画じゃない、ゴルゴ13

佐藤優氏の解説があると、漫画がさらに深く読めるな(とは言うものの、単行本未収録なものばっかだから、”最終通貨の攻防”しか読んでないがw)

AI・仮想通貨・ドローン・フェイクニュース・トランプ政権

タイムリーな話題ばっかだね

興味ある方はドウゾ↑

スポンサーリンク

【ゴルゴ最大のピンチ!?】1万キロの狙撃

ゴルゴ13 191巻

リビアで作戦行動中だった米軍の無人機がゴルゴの乗っていた車を誤爆、重傷を負わせてしまう。そのことを知った部隊は独断でゴルゴ抹殺を謀るのだが…

ゴルゴ13最大の危機ではないか?と噂の“1万キロの狙撃”

やっと単行本に収録された(*’▽’)

ゴルゴの抹殺を指示した、指揮官が、ゴルゴに対して恨みを持ってるんだけど、完全な八つ当たりが腹立つな~

最新医療機器“レオナルド”が登場する場面は、5Gの時代が近づいてきてるって感じるね

“レオナルド”の元ネタは、たぶん、コレっぽい→“ダヴィンチ”

最終的に、ゴルゴは自分の命を狙った者達を(もちろん)始末するんだけど、復讐の方法が頓知きいてて( ・∀・)イイ!!

範馬勇次郎のダイヤモンドの回を彷彿とさせるワ

ゴルゴを仕留められなかったことを知った、部隊は核シェルターに逃げようともしたが、核シェルターに逃げ込んでも、始末されちゃうよ

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪【個人的 神回】ゴルゴ13ベストスナイプは?

無人機繋がりで、この映画もおすすめ→【戦争は会議室で起きている】アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

スポンサーリンク

種子法廃止とゴルゴ13害虫戦争

ふと、思ったんだが…種子法廃止ゴルゴ13 134巻害虫戦争ってなんか関係ありそうだな…

ある企業が、遺伝子操作で殺虫剤への耐性を持った害虫を生み出す。その害虫をアメリカ中にばら撒いて、大規模な食害を起こしたあと、その害虫に耐性のある種子を売り出し、市場を独占しようと画策する…

こんな話だったな。実際こんなコト起きそうだよな(;´・ω・)

種子法廃止されたことで、民間企業が単一種子を大量生産すれば、食害や異常気象の影響を受けやすくなるって言われてるしな?

民間企業ってのが、外資系ばっかりだとも…

国産、国産って国産に拘ってる人多いけどさ、

国産って表示されているからって、種まで国産だとは限らないってコトだな?

今まで、日本の気候や地域に適した種子を開発し、守ってきたが、種子法が廃止されたことで、国外で産まれた種子を、国内で育てた作物がスーパーマーケットに多く並ぶのかもしれない…もう並んでいるの…おや…誰かが来たようだ…