“死ぬ辞め”買った、読んだ、感想!!体験談も

Twitterでちょろっと読んだんだけど、本日発売されたので早速購入。

分かりやすく書いてあるし、ボリュームあって良かった。

なんかヘンテコな(ゴメンナサイ)絵だけど、なんか見入っちゃうんだよな。

“自殺”とか”過労死”って過激な内容を扱ってるのに、なんか柔らかくていい。

すんなり受け入れられる。

病んでなくても読む価値あり。周りにこんな人いないか?こんな気持ちなのかって気付けるよ。

オレは、共感するところが多かった。なぜなら?

まぁ…オレもね…→自殺考えたことある?オレはあるよ。

そ、あんのよ。実は。仕事じゃないけどね。

ホント”自殺”以外の選択肢見えなくなんだよ。

安易に”死”を選んじゃうんだよ。

うーん…今思うと…あの時死ななくてヨカッタわ。

もうね…追い詰められて…

飯食っても全部吐いちゃうし…

精神的に参って眠れないし…

体重が中学校の時と同じくらいに痩せちゃって…

今より15キロくらい一気に痩せた。

周りからは「大丈夫か?」「病気?病院行った方がいいんじゃない?」

なんて。

自分ではキツイとか感じなかったんだけど、精神は蝕まれてたみたいだわ。

なぜ立ち直れたのか?

首吊ろうと思ったのよ。

クビにベルト結んで、階段にぶら下がろうとしたんだー

でもさ、怖くてね…出来なかった。

“恐怖”にはまだ勝てなかった。

“恐怖”で思いとどまったんだ。

で、思いとどまってから、なーんかさ、死ぬの馬鹿馬鹿しいなぁーって

死のうとしたんだから、オレ、他の事何でも出来んじゃね?

みたいな。ゴッドモード突入したわけよ!!!

それからと言うもの”逃げる”ことに躊躇しなくなった。

“つらい=即逃亡”

みたいな。

オレ、最強だろ(・`д・´)

みたいな。

 

本編にもあるけど、自分が選んで歩いてきた道、これからも歩んでいく道、自分でどんな風に進むか決めていいじゃん。

ヤバそうなら逃げちまえよ

逃げるは恥でもないし、役にも立つぞ!!マジで!!

自分で死のうと決めてたけど、逃げて、今度は逃げ回って面白可笑しく生きてやろうと。

“自分”で決めることが重要なのだ

自分で考える→自分で決める

これが普通だわな。

家族や友人の言葉で”気付く”

これがなかなか難しい。

周りが心配して、いろいろ助言をくれるが…場合によって、追い詰めちゃうこともある。

実際、追い詰めちゃったんだわ。

天邪鬼というか、プライドが高い人間には逆効果ってこともある。

そうなったらどうしたらいい?

オレはね…その人とは距離を置いた。というか、半ば見捨てたって感じかな。

最終的に、その人が決めたことを受け入れてやるしかないなぁ…って感じたんだよ、ふと。

そしたらさ、何とか立ち直ってくれた。

独りになってみて、”自分”で考えてみた結果、死ぬことは選ばなかった。

頑張り過ぎる人ほど、周りからいろいろ言われちゃうと、殻に閉じこもっちゃうんだろうな。

北風と太陽だな。

もし、アナタがそんな状況になったらどうする?

逃げる自信ある?

なかなか逃げられないよ?

追い詰められた状況になって、どんな道を選ぶのか、それはあなた次第。

逃げるのか。

生きることをやめるのか。

誰にも決められない。

もし、生きることを辞めると決めたら、一つだけ、思い出してほしい。

本当に逃げ道はないのか?

どう?

どうなの?

正直どーよ?

ホントに本気でどーよ?

あく

投稿者: あく

好きなもの ・波乗り・読書・クレジットカード・マイル・ブログ・暗号通貨(XRP)