【書評】消された一家: 北九州・連続監禁殺人事件

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

鬼畜の所業

犯罪史上類を見ない特殊な残虐な事件

それが“北九州一家監禁殺人事件”


スポンサーリンク

“マインドコントロール 事件”で検索すると二つの事件が出てくる

・尼崎事件

→家族喰い――尼崎連続変死事件の真相

・北九州一家監禁殺人事件

尼崎事件の書籍も読んだことあるが、北九州一家監禁殺人事件は“いろんな意味で凄かった”

漫画”闇金ウシジマくん”26~28巻のエピソード”洗脳くん”のモデルになっている

闇金ウシジマくんを読んでから”消された一家”を読んでみたが…

洗脳くんは、ものすごーくオブラートに包んで書かれてるなぁと

洗脳くんでも”ダメな人”は吐き気がするだろうが…現実はそれ以上。

たぶん読めない。

松永太という人物

こんなことを書くと、松永を擁護するようでなんだかアレなんだけど…

ココまで来ると、尊敬に近いような、感情を覚える

殺人とか監禁、拷問を正当化しようとかそういうんじゃなくて…

・どんな仕事でも、使う人材の能力を最大限に発揮させることができる

・俳優やコメディアンなど芸能界の仕事で、人々を魅了することなんて朝飯前

・弁護士

・作家

例えればキリがない。完璧な男。

嘘を真実にする能力があるモンスター

おそらく松永の中に“嘘”という言葉はない。

有言実行

まさにコレ。

有言実行することで、他人の心の中に入り込む。

入り込んだら最後、破滅が待つ。

松永太は、自分に逆らわない人間を見抜ける能力があったんだろうな。

恐ろしい男だが、全ての人が標的になるワケではない。

実際、自分に猛反発した、緒方の親戚には手を出していない。

事件の真相は闇の中

正直言って”消された一家”を読んで、事件の真相がより分からなくなった

松永は嘘なのか真実なのか分らない供述ばかり。

生き残った二人の女性は、拷問(通電やリンチ)によって所々、記憶喪失になっている。

事件の大まかな流れは分かるが、供述の真偽は闇の中。

証拠がほとんど残っていないから。

ヘビーな一冊

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

スポンサーリンク

投稿者: あく

好きなもの ・波乗り・読書・クレジットカード・マイル・ブログ・暗号通貨(XRP)