種子法廃止とゴルゴ13害虫戦争

スポンサーリンク

ふと、思ったんだが…種子法廃止ゴルゴ13 134巻害虫戦争ってなんか関係ありそうだな…

ある企業が、遺伝子操作で殺虫剤への耐性を持った害虫を生み出す。その害虫をアメリカ中にばら撒いて、大規模な食害を起こしたあと、その害虫に耐性のある種子を売り出し、市場を独占しようと画策する…

こんな話だったな。実際こんなコト起きそうだよな(;´・ω・)

種子法廃止されたことで、民間企業が単一種子を大量生産すれば、食害や異常気象の影響を受けやすくなるって言われてるしな?

民間企業ってのが、外資系ばっかりだとも…

国産、国産って国産に拘ってる人多いけどさ、

国産って表示されているからって、種まで国産だとは限らないってコトだな?

今まで、日本の気候や地域に適した種子を開発し、守ってきたが、種子法が廃止されたことで、国外で産まれた種子を、国内で育てた作物がスーパーマーケットに多く並ぶのかもしれない…もう並んでいるの…おや…誰かが来たようだ…

あく

投稿者: あく

好きなもの ・波乗り・読書・クレジットカード・マイル・ブログ・暗号通貨(XRP)