【読書】ヒトは「いじめ」をやめられない 中野信子

あく
なかなか興味深い一冊だった
あく
人は、集団の中で他人より優位に立ちたいという感情を持っているから、絶対いじめはなくならないって思ってる。おれ。

いじめは人間が進化する過程で身につけた機能

人間社会から排除や制裁がなくならないのは、何かしらの必要性や快感がある

 

あく
なるほど、納得。たしかにそうかも。

 

・集団を守り、生き残るためにはルールが必要。

・ルールを破る人間を排除・制裁する

・ルールを破ろうとするのではなくルールを知らなかっただけの人や、役に立たなそうに見えた人、生意気な人、みんなと違う常識や格好の人、標準よりも可愛い、目立つなど、みんなのスタンダードと少し違う人に対しても、排除・制裁してしまう。

・仲がいいほどイジメが起きやすい

 

あく
お金持ちが叩かれたり、人気ユーチューバーにアンチが生まれたりするのも同じコトじゃないかな?

胸糞悪い映画だな…と思っていたが非常に興味がわいたエクスペリメント

あく
なんだよこの胸糞悪い映画は(;´・ω・)何のための実験なんだよ?一体?

 

って思って観てなかったんだけど、今回“ヒトは「いじめ」をやめられない”にこの実験の実態が書かれていた。

ドーパミンによって、理性が低下し、いじめの連鎖が起こるという、ジンバルドーの実験→スタンフォード大学監獄実験

って言うらしい。

結果がね…ちょっと悍ましいというか、まさかだったね(;´・ω・)

“いじめ対策”がもう”いじめ”じゃね?

あく
“いじめ対策”とか”いじめを定義する”ことが、いじめなんじゃないか?って思うんだけど
あく
“対策”してますよ~感だけ醸し出して、見て見ぬふりしてるしねwww
あく
そもそも他人がアレコレ決めるべきコトじゃないだろ?”実験”ならまだ分かるが…

 

“いじめられる側”“いじめる側”と同じ土俵に上がっちゃダメ!!

集団=いじめの温床なんだから、集団から離れなきゃ。

昔は、孤立して生きていくことは難しかったかもしれないけど、今は可能だろ

 

あく
世界は広いんだからさ、ツマンナイ所にずーっと居るなんて勿体ない!!”逃げる”コトができるヤツ、最強(^O^)

スポンサーリンク

【書評】サイコパス 中野信子

あく

投稿者: あく

好きなもの ・波乗り・読書・クレジットカード・マイル・ブログ・暗号通貨(XRP)