【妄想】国債について思うコト…

※ふと、思ったことです。知識は一切ない!!単なるメモ!!※

国債を中央銀行に買わせて、資金調達して、その資金が市場に戻って、給料として…

国債償還のために、国債発行して、買わせて…

みたいな、コレ、この流れ

国と中央銀行がズブズブなら、国債は、国を運営するための労働力をタダで確保する、魔法の紙ってコトになる…?

国は、借金も多いが、資産はさらに多い!!って聞くけど、資産で借金を返すことはしない。

国の資産は、国同士の信用として存在している?

国の借金(ほとんどが国内で買われている国債だとして)が増える→通貨を発行しすぎて、インフレ→さらに、ハイパーインフレ→預金封鎖や通貨切替でリセット→ふりだしに戻る…

これだと、国が、国民を労働力として、タダで使っただけで、国が資産を維持または、増やし続けていれば、他国への信用は保たれる?

ナニ言ってんだ、おれwwww

この記事を見た、ソコのあんた!!忘れてくれ!!なんとなくだから。なんとなく。

スポンサーリンク

あく

投稿者: あく

好きなもの ・波乗り・読書・クレジットカード・マイル・ブログ・暗号通貨(XRP)