Ripple社次の目標は新興国市場!!インド・ブラジル・中国だ!!

Google翻訳

スポンサーリンク

RippleNet Strengthens Emerging Markets Access into India, Brazil and China

インド、ブラジル、中国への新興市場アクセスを強化するRippleNet

According to the World Bank, global remittance payments are on track to grow by 3.4 percent or roughly $466 billion in 2018, with India and China having the highest incoming flows in 2017.

Together with this massive flow of capital, emerging markets are home to 85 percent of the global population and account for almost 60 percent of global GDP.

With a growing global need not just for access, but more efficient, transparent and cost-effective payments into and out of emerging markets — new financial institutions have joined RippleNet: two banks and three payment providers — that will expand reach in India, Brazil and China.

世界銀行によると、世界の送金支払いは、2018年に3.4%(およそ4,660億ドル)の成長が見込まれ、インドと中国は2017年に最も高い入金額を記録しています。

この大規模な資本流入とともに、新興市場は世界人口の85%を占め、世界のGDPの約60%を占めています。

新興市場に出入りするためのアクセスだけでなく、より効率的で透明かつ費用対効果の高い支払いのグローバルなニーズの高まりに伴い、新しい金融機関がインド、ブラジル、中国。

国際送金市場は、年々拡大している

特に、インド・ブラジル・中国などの新興国市場が伸びている

それから、アジアのベンチャー企業投資が急増している

北米地域へが伸び悩む中、アジアは急増

ベンチャー投資 アジア急増 17年、2.2倍 滴滴など、北米に迫る

世界のお金が、アジアに集まって来ている=Rippleの出番

(。▰´▵`▰。)コーユーコトダヨ

スポンサーリンク

 

あく

投稿者: あく

好きなもの ・波乗り・読書・クレジットカード・マイル・ブログ・暗号通貨(XRP)